各地で実績を積み上げ続ける日商エステム

各地で実績を積み上げ続ける日商エステム

憧れのマイホームの実現や、限られた資産を効率良く運用することに関して、そのパートナーは必要不可欠なものです。住空間のプロフェッショナルとも言える不動産の総合デベロッパーを見つけることこそが、今の時代を生き抜くキーワードだと言う声も聞こえます。では、その総合デベロッパーの中でも、優秀なところとはどんな会社なのでしょうか。

 

日商エステムのYouTube公式チャンネルをチェック!

 

日商エステムは大阪や東京、名古屋などに展開をしています。1991年に経営をスタートさせてから、大阪で着実に需要を満たし、確かな実績を積み上げてきたのです。その後、エステムホールディングスという全体的な経営の戦略を担うものを設立しました。

 

その地域の持っている需要に対して的確に応じるプランを提供する都市型のマンション都市の中心部に供給することを積極的に実施している日商エステム。主に40?60平方メートルの広さをターゲットラインとしながらも、幅広い層に向けたプランニングにも対応しています。独り身や小家族と呼ばれるディンクスといった層や、様々な家族の形に向けた商品も柔軟に取り揃えることで、多くの人に愛されているのです。これは顧客が満足できるような住まいづくりを目指す日商エステムの考え方が反映された結果です。日商エステムは、メニュープランや色のバリエーションなどを数多く取り揃えることで、「自分だけの住空間にしたい」「好みのインテリアを好きな色で統一したい」などのニーズに応えることが出来ます。これは、多様化する現代の傾向を日商エステムが企画開発・製造・販売・管理まで取り仕切る一貫体制だからこそ実現できるものではないでしょうか。

 

また、日商エステムは、東京に進出した2004年から、立地を東京の23区内中心に選択します。「フュージョンタイプ・マンション」という都市のライフスタイルという多様化しがちなニーズにフィックスさせるフレックスタイプのマンションもあります。「ステュディオタイプの高付加価値マンション」と言ったような、立地や会社の活用度が高い上に、資産運用の可能性にも期待が出来るタイプのものまで供給を安定化させることに成功しています。

 

東京都港区西新橋の日比谷セントラルビルに東京日商エステム本社を2011年12月に移転させています。愛知県名古屋市にある名古屋ルーセントタワーに2017年1月に日商エステム名古屋支社を開設させたりと、ますます活発な動きを見せる日商エステム。地盤を各地で固めていくことで、実績を着実に積み上げていることが窺い知れます。